• 記事検索

RSS

 6月21日に発症した顔面神経麻痺の治療が、10月5日にようやく終わりました。当初、軽く見ていた病でしたが、鍼灸師の先生から「難治性」と言われたときには、少なからずショックを受けました。また「元通りになるのか?」と不安になりました。この時ばかりは、心から「なおりたい」と真剣に願ったものでした。

 今日の聖書は、バルティマイの癒しを記しているところです。「ティマイの子」という紹介は、理由は分かりませんが、父「ティマイ」が、人々に知られていたことを表していると思われます。

 バルティマイは、「ナザレのイエス」が通りがかったことを聞くと、「わたしを憐れんでください。」と叫び続けました。彼の心の叫びは、ついにイエスさまに届きました。「目が見えるようになりたい」との思いは、おそらく何十年もの間彼の心を支配していたに違いありません。その切なる思いをイエスさまは受け入れられ、癒されたのです。

 ここで少し考えさせられるのは、バルティマイがイエスさまを「ダビデの子」「先生」と呼んでいることです。マルコ12:35以下には、律法学者たちが、メシアをダビデの子と言っているのを、イエスさまは明確に否定されています。

しかしイエスさまはバルティマイに対して「あなたの信仰が‥」と言われました。学問的な解釈においては「ダビデの子」を批判されましたが、大切なのは、そんなことより、イエスさまをどこまで信じているか、イエスさまへの信頼の強さにあることを、今日の聖書は教えてくれているように思います。

 福音書には3回の受難予告がありますが、マルコはそれを二人の目の見えない人の癒しでサンドイッチしています(8:22~26、10:46~52)。イエスの受難に無理解な弟子たちは、言わば「見えない」(8:18)存在です。それに対して二人の目の見えない人は「見えるようになった」存在です。イエスさまはご自身への正しい理解よりも、心からの思い、魂の切なる思いに目を留めて下さいます。弟子たちも、召された時は、そうだったはずです。

 ここにいます私たちもイエスさまと出会った頃は、それぞれに切なる思いを持っていたかも知れません。「なおりたい」「良くなりたい」「救われたい」等の魂の思いをあらためて強くして、信仰の歩みを進めて行く者でありたいと思います。

 

     2022年10月16日 聖霊降臨節第20主日礼拝 笹井健匡牧師


 私たち人間は、時間の中で生きています。今、こうしている間にも時は進んでいきます。その時の進む中で、色々な経験をし、色々な出来事に遭遇し、私たちは、一生前へ前へと進んでいきます。後戻りしたくてもそれは決してできないことです。人は成長していく時、節目、節目において、新しい自分に変わっていくことを自覚するかもしれません。しかし、そのように節目、節目に新しくなった自分、また、他者を発見するかもしれませんが、突然新しい人になるのではなく、日々を積み重ねることによって、新しい人になっていくのです。

 今日の聖書には、「古い人をその行いと共に脱ぎ捨て、造り主の姿に倣う新しい人を身に着け、日々新たにされて、真の知識に達するのです。」と9節に記されています。私たちは、主イエスの復活に与っている者たちであります。なので、上にある者を求め、心に留め、地上のことに心を惹かれないようにするべきなのです。上にあるものを求めるということは、私たちが新しい愛と新しい目標をイエスさまを通して神さまからいただくことなのです。

この世にある負の事柄を捨て去り、また、この世にある悪いものでまみれている古い自分を捨て去りなさい、とパウロは言うのです。それぞれの人間には過去があります。過去には楽しいこと、嬉しいこともありますが、嫌な気持ちになる思い出したくもない過去もあります。その中にやましい気持ちになるものもあるかもしれません。過去のそういった負の部分を今を生きるあなたは捨てなさい、古い自分の起こした悪しき事は二度と繰り返してはいけない、それを捨て去りなさい、と言われているのではないでしょうか。

 「造り主の姿に倣う新しい人を身に着け、日々新たにされて、真の知識に到達するのです。」と10節で言われています。生活の場において、仕事の場において、教会において、その他の場においても、イエスさまに倣い、愛を豊かにもって生きる新しい人となるように、と言われているのではないでしょうか。新しい人になるというのは一回限りのことではありません。「日々新たにされて」と記されています。新しい朝を誰もが迎えるように、新しい人を日々迎えることができる、日々新たにされて私たちは生きていくことができるのです。そのように人が日々新たにされていくことを知り、真の知識に達するのです。

 全ての人が古いものを脱ぎ捨て、新しい人を身に着けることができます。そこには、あらゆる差別は廃されて(11節)、全ての人にキリストの福音が開かれ、全ての人が神を信じ、古いものを脱ぎ捨て、新しいものを着ることができるのです。

 全ての人が主イエスにあって、「新しい人」になることができます。それは一度限りの出来事ではなくて、日々新しくされ続ける新しい人です。私たち一人一人、主イエスによって神から赦されているものとして、日々新しい人になることができるよう、祈る者でありたいと思います。

      2022年10月9日 聖霊降臨節第19主日 平島禎子牧師


 今日は、世界聖餐日・世界宣教の日です。現在も世界各地で奉仕の業が続けられています。

岡山教会におられた伊勢望牧師は、現在ベルギーのブリュッセル日本語プロテスタント教会で牧会をされています。

 還暦を迎えて、人生を思うことが多い今日この頃ですが、人の人生というものは、本当にいろいろだなあとあらためてしみじみと思わされます。

 今日の聖書の主人公のヨブも、そうです。「天上の法廷」と呼ばれる場面において、それまで「無垢な正しい人で、神を畏れ、悪を避けて生きていた」ヨブに、サタンが13節以下のような災いを起こして行くことが許可されたのです。それはヨブからすれば、まさに青天の霹靂のような事件でした。この世で考えられる最悪の事態が次から次へと起こされたのです。ここは、通常ヨブの忍耐がテーマとされていますが、果たして本当にそうでしょうか。最後にヨブは、自分の   生まれた日を呪います。

 ヨブは、一見完璧な人のように思えますが、5節の「」をよく読むと、そこには、不安、不信、そして恐怖といったマイナスの感情が隠されているように思います。サタンの災いは、ヨブの心の、この弱さを浮き彫りにしたのかも知れません。そしてもっと大きく捉えるならば、何の失敗も、挫折も、苦しみも悲しみもない人生は、本当の幸せとはほど遠い、味気ない、つまらない人生なのだ、ということを教えてくれているように思います。人生いろいろ、山あり、谷あり、それでこそ、真に豊かな人生ということが言えるのかも知れません。

 神さまは、その人その人にふさわしい経験を与えられます。ヨブも、最終的にはこの経験を通して、以前にもまして祝福されます(42:12)。ここにいます私たちも神さまから与えられたものを、「糧」として、それぞれの人生をより輝かして生きて行きたいと思います。

 

     2022年10月2日 世界聖餐日・世界宣教の日礼拝 笹井健匡牧師


 今日の聖書の箇所は、コリント教会からエルサレム教会への献金について書かれています。献金をする時は、不承不承ではなく、また強制されてするのではなく、自分の心が決めたとおりにしなさい、というのです。そして、「喜んで与える」人を神さまは愛してくださるのだ、と7節に記されています。寛大に気前よく喜んで献金する人には、神さまは豊かに報いて下さるのであると、パウロは言うのです。

 12節、13節に記されている「奉仕の働き」、「奉仕の業」というのは「献金」のことを意味しています。エルサレム教会の人々はコリント教会の「奉仕の業」がもたらすものは、キリストの福音を従順に公言していることへの神の賛美であり、自分たちや他のすべての人々に惜しまず施しを分けてくれることは、神をほめたたえることであるというのです。献金の業が、福音に対する従順と福音の宣言につながるのだというのです。

 「献金」というものは「喜んで与える」ものであると改めて思わされました。いつの間にか義務化している自分がいることにも気づかされ、神さまに感謝して、喜びの心をもって献金をなしていかなければならないと思わされました。

 今日の聖書は献金のことが記されているのですが、献金に限らず、自分の人生を「喜んで与える」ということをなした人たちが大勢います。その中でも、アリス・ぺティ・アダムス、留岡幸助、山室軍平と共に岡山四聖人と言われている石井十次のことを思わされます。石井十次は児童福祉の父とも言われています。石井十次は、宮崎の出身ですが、熱心なクリスチャンの医師と出会い、現在の岡山大学医学部へ入学し、医師になることを決意します。そして、現在の日本キリスト教団岡山教会で金森通倫牧師より洗礼を受けます。十次が医学実習をしていた診療所の隣に、貧しい巡礼者の宿があり、一人の子どもを引き取ることになり、さらにまた二人の孤児を預かることになりました。やがて孤児救済のための「孤児教育会」の看板をあげるようになりました。「孤児教育会」は「岡山孤児院」となり、孤児の数は徐々に増えていきました。その後、天災による孤児たちを引き取り、岡山孤児院の孤児数は1200名にのぼったそうです。孤児院の経営は苦しく、困難はありましたが、十次は情熱をもって突き進んでいきました。十次の精力的な活動は人々に感銘を与え、児童福祉という概念と共に、徐々に賛同者や協力者を増やしていきました。 (―後略―)

 十次の人生を思う時、誰に強制されたわけでもなく、自分の心の中から湧き出てくる思いを大切にして、児童福祉のために自分の人生を「喜んで与える」人であったと思わされます。

与えるものはお金に限りません。自分の人生の時間を喜んで与えるということが本当に大切なことであると石井十次の一生から思わされたことでした。

 私たち一人一人、心の底から「喜んで与える」ということをなしていく者でありたいと思います。心が喜びに包まれ、日々の生活を喜びをもって歩んでいく者でありたいと思います。

     2022年9月25日 聖霊降臨節第17主日 平島禎子牧師


 残暑お見舞い申し上げます。まだまだ暑い日が続いています。近年は気候が不順になり、季節感がおかしくなっているように思います。

 「風にふるえるオレンジ色の枯葉の舞い散る停車場で、

きみと出会った9月の午後、男と女のめぐり逢い。」

 これは、わたしが中学生の時買った、流行歌の一節です。

 それでも日本は春夏秋冬の四季があり、やはり自然が豊かなところだなあと、

あらためて感謝をします。

 イスラエルは、典型的な地中海性気候で、特に乾期(5月~9月)は、全く雨

が降りません。それが夏であり、短い秋を経て早ければ10月中旬には冬になるそうです。これが雨期ですが、合計700ミリくらいしか雨が降りません。大変厳しい自然環境です。

 日本人の感覚だと、特に稲作の影響で、春に耕し、秋に収穫、と思いますが、イスラエルでは、秋に耕し、春(初夏)に収穫(果物は秋に収穫)という感じです。だから学校も秋から始まり、初夏に終わるのです。

 今日の聖書は、旧約最後の預言者と言われるヨエル書です。ヨエル書は冒頭から「いなごの害」「主の怒り」が記されています。堕落したイスラエルの民に対する神さまの厳しい言葉の後、神は憐みを示されます(2:18)。そして再び豊かな恵みを与えて下さる、と今日の個所で言われるのです。果物の豊かな実り、恵みの雨によって、穀物と、ぶどう酒、油が溢れるようになる、と。

 日本でも、秋は様々な食物の豊かな実りの季節です。厳しい夏を歩み抜いたご褒美と言えるかも知れません。そして同時に、同じく厳しい冬に備える時であるかも知れません。短くなったとはいえ、ほっと一息つける、「実り」を楽しむ、素晴らしい季節であることに変わりはありません。

 人生にも春夏秋冬があるのかも知れません。人によっていろいろですが、人生の秋、それは、それまでの自らの期し方をふり返り、感謝と静かな喜びに満たされながら、やがて神さまのもとに帰る時を、心して待つ時なのかも知れません。

 「実りの秋」のこの季節、自分自身の人生の秋をも意識しながら、神さまの恵みに感謝し、救い主イエスさまに導かれながら、共に信仰の歩みを進めて行く者でありたいと思います。

 

     2022年9月18日 聖霊降臨節第16主日礼拝 笹井健匡牧師


前のページ
次のページ